無職 カードローン

無職でもキャッシングができるって本当?

キャッシングを利用したことがある人なら、キャッシングの申し込み条件の一つが「継続安定した収入があること」であることをよくご存じだと思います。そうすると無職の人はキャッシングの申込みができないことになりますね。ところがネットで検索していると無職でも借りれるキャッシングがあるということがあかります。

 

疑問を感じる女性

まず、この「継続安定した収入」という点ですが、これが本人に適用されない場合もあります。どういうことかというと、無職の専業主婦でも配偶者に「継続安定した収入」があればキャッシングでお金を借りれる場合があるということです。

 

銀行カードローンなら本人確認書類だけで、消費者金融のキャッシングなら本人確認書類に加え、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類を提出すれば無職の専業主婦も借りれる可能性があります。また、銀行カードローンの中には年金受給のみの無職も借りれるものもあります。

 

消費者金融の場合は、年金受給のみでも借りれる場合と年金収入のみではキャッシングの申し込みができないところもあります。

 

なお、消費者金融で、無職の高齢者に対して年金を担保にお金を貸すというところがありますが、これは違法行為でそういう業者はヤミ金ですから絶対に騙されないようにしてくださいね。

 

そのほか無職でもカードローンやキャッシングで金を借りれる状況としては、雇用保険(失業保険)を受け取れる見込みがある、今は無職だけど派遣会社に登録していて派遣先は決まっているような場合です。

 

でも、銀行カードローンでこういう状況の人が借りれるところはありませんし、消費者金融のキャッシングでもそれほど多くありません。特に消費者金融だとヤミ金に引っかかる危険も高いので、無職の方は、カードローンやキャッシングでの借り入れはやめた方がいいと思います。

 

その代り公的貸付制度である生活福祉資金貸付制度というのがあるのでまずは、ハローワークに足を運んで相談してみてください。生活福祉資金貸付制度を利用すれば、月20万円までの貸付けを最長12か月間受けることができます。単身世帯の場合は月15万円以内です。

 

また、住宅入居費も借りれることになっていて、敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な資金として、40万円まで借りれるとのことです。無職で全く収入がない人がキャッシングやカードローンで安全にお金を借りるというのは現実的には無理なので、このような公的貸付制度を利用するか生活保護制度などを利用することをお勧めします。

カードローンの強みとは

ローンにはいろいろな種類があります。住宅ローンや教育ローン、自動車ローン、ビジネスローン、目的別ローンなどです。

 

目的別ローンでは冠婚葬祭の費用とか、旅行の費用とかいろいろな目的に応じて借り入れができるようになっています。これらのローンはカードローンに比べて低い金利でお金を借りれるというメリットがあります。

 

ですが、それにもかかわらずカードローンで借り入れをする方は多いですね。なぜでしょうか?それはカードローンには上記のローンンはないメリットがあるからです。

 

カードローンのメリットの一つは一度契約すれば限度額の範囲内で何回も借り入れができるということです。他のローンは借り入れるたびに契約が必要なので面倒ですが、カードローンはいったん契約してしまえば繰り返し借り入れができます。

 

しかも店舗に行かなくても近くのコンビニで24時間いつでも借りれるという便利な商品です。忙しい人にとってはとても助かります。カードローンのもう一つのメリットは審査が比較的緩いという点です。

 

そのほかのローンは年収や勤務形態などに制限がありますが、カードローンの場合は、アルバイトやパートでも申し込むことができます。

 

また、無職の主婦や無職の年金受給者、仕送りのみで生活している無職の学生なども申し込めるカードローンがあります。また、住宅ローンなどは消費者金融からの借り入れがあると審査に通りませんが、カードローンは他社からの借り入れがあってもお金を借りれるという利点があります。

 

銀行カードローンでも他社借り入れが3社までなら借りれる可能性はあります。

 

消費者金融のカードローンならさらにハードルは低く、中小の消費者金融なら他社借り入れが4件以上あっても審査に通って借りれることがあります。

 

カードローンのそのほかのメリットは、申し込みから契約まですべてネットでできるという点です。JAバンクのカードローンのように契約のためには店舗に足を運ばないといけない場合もありますが、銀行や消費者金融のカードローンは来店不要で契約ができます。また、カードローンの使途は自由なので他のローンのように使途を証明する書類を提出する必要もありません。

 

収入証明書も限度額が一定の額を超えなければ、提出しなくてもお金を借りれるようになっています。無職の専業主婦も本人確認書類だけで借り入れができますし、無職の年金受給者も同様です。

 

このようにカードローンにはたくさんのメリットがある金融商品です。ただし、便利とはいえ借金をするということはリスクが伴います。特に、カードローンは他のローンに比べて金利が高いので無計画に借り入れをすると返済が滞ってしまうという危険があります。また、無職の専業主婦や多重債務者を狙うヤミ金もあります。ですからカードローンで借り入れをする時は信頼できる業者を選んで十分返済シミュレーションをしたうえで、利用するようにしてくださいね。