銀行カードローン 消費者金融 比較

銀行カードローンと消費者金融〜融資を受けるならどっち?

お金が必要な時にどこから融資を受けようかと迷うことがありますね。選択肢としては、銀行、信用金庫、JAバンク、消費者金融がありますが、ここでは銀行カードローンと消費者金融のカードローンのどちらがいいかを考えてみたいと思います。まず、それぞれのメリットとデメリットを知っておくことは大事ですね。

 

悩む女性

まず、銀行カードローンですが、メリットとしては消費者金融よりも低い金利で借りれるということでしょう。銀行のカードローンは、みずほ銀行が4.0% 〜 14.0%、 オリックス銀行が3.0% 〜 17.8%、三井住友銀行が4.0〜14.5%、横浜銀行が1.9% 〜 14.6%などとなっています。そのほかに新生銀行のレイクやジャパンネット銀行のネットキャッシングのように銀行の割に金利が消費者金融並みに高いところもありますが、たいていは最高金利が14%台で借りれるようになっています。一方、消費者金融のカードローンの金利は最高金利が18.0%程度というところが多く、中小規模の消費者金融だと20%というところもあります。ですから、金利が低い銀行カードローンの方で融資を受ける方が返済負担を減らせるのでストレスが少なくて済みます。

 

銀行のカードローンのもう一つのメリットは無職の専業主婦や無職の年金受給者でも借りれる場合があるということです。たとえば三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行のカードローンなら無職の専業主婦にも融資をしてくれます。大手消費者金融は無職の専業主婦には融資をしていないですし、専業主婦が借りれる中小規模の消費者金融のカードローンは必要書類が多いのでちょっと面倒です。無職の専業主婦が申し込む場合に必要な書類は配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類です。銀行カードローンの場合は無職の主婦も本人確認書類だけで申し込めるので、ご主人にお内緒で融資を受けられます。また、銀行カードローンは総量規制の対象ではないので、年収の3分の1までしか借りられないという消費者金融に課せられた制限がないというのもメリットです。こう考えると銀行カードローンの方が消費者金融のカードローンよりもメリットが多いのですがもちろんデメリットもあります。デメリットは審査が厳しいという点です。たとえば、すでに借り入れ件数が4件以上ある場合は審査に通りにくくなります。また、勤続年数が短かったり、水商売などで働いていると審査に通って借りれる可能性は低くなります。また、銀行カードローンは即日融資に対応していない場合が多いです。即日融資可能となっていても審査スピードが遅く、融資が翌日以降になることもあります。

 

それに比べると消費者金融のカードローンは銀行よりも審査が緩めで、即日融資に対応しているというメリットがあります。また、キャンペーンで無利息期間のある金融商品を販売したり、友達を紹介すると金利が優遇されるなどのサービスを行う消費者金融もあります。中小規模の消費者金融は大手消費者金融に比べると審査がさらに緩めになっているので、無職でも借りれる場合があります。といっても、雇用保険の受給の見込みがあるとか、派遣会社に登録していて派遣先は決まっているけど一時的に無職になっているという場合です。でも、無職の時にカードローンを利用するのは負担が大きすぎますし、無職でも融資しますという消費者金融はヤミ金も多いので、無職の方で生活に困っているなら公的貸付制度の生活福祉資金貸付制度を利用することをお勧めします。

 

こう考えると、急ぎではなく金利が低い方がいい、安心して借りれるところがいい、審査にも不安がないという人は銀行カードローン、審査に不安がある、金利は高めでもサービス重視、確実に即日融資を受けたいという方なら消費者金融からの融資ということになるかと思います。