カードローン 借り入れ 必要書類

カードローン申込み時の必要書類と利用までの流れ

カードローンでスムーズにお金を借り入れるためには、提出書類を不備のないように揃えておくことが欠かせません。カードローンでは基本的に本人確認書類だけでお金を借りれるのですが、限度額によっては他の書類も必要になる場合があります。

 

たとえば銀行カードローンの場合、限度額が一定金額を超えると収入証明書の提出が必要になります。収入証明書として提出できるのは源泉徴収票や給与支払明細書、課税証明書などです。

 

収入証明書の提出が必要になるのは、限度額が100万円を超える場合、あるいは200万円、300万円を超える場合です。銀行カードローンによって違うので確認してくださいね。

 

また、消費者金融のカードローンは1社からの借り入れが50万円を超える場合あるいは複数社からの借り入れが100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

 

指差し女性

また、無職お専業主婦が消費者金融のカードローンで借り入れる場合には本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。※銀行カードローンは本人確認書類のみでOK!だから内緒で借りれます

 

また、無職の学生でも親からの仕送りがなどで収入があればお金を借りれる学生ローンもありますが、その場合は学生証の提出が必須になります。無職の年金受給者の場合は本人確認証だけで借入の申込みができます。

 

必要勝利の確認ができたら、ネットや電話、郵送、窓口、自動契約機などの方法で申し込みをしてください。ネットで申し込む場合は、申し込みフォームに必要事項を記入して送信するだけです。

 

すぐに仮審査の結果がわかりますので。仮審査に通ったら本人確認書類や必要なら収入証明書をメールやファックス、アップロードのような方法で送付してください。

 

また、本審査の際に在籍確認があります。この在籍確認があるので当然無職で勤務先のない方はカードローンの審査には通りません。中には無職でもお金を借りれるという消費者金融もありますが、闇金の可能性もありますので気を付けてください。

 

それから、無職の人がアリバイ会社を利用して在籍確認をクリアしようとする人もいますが、詐欺行為になりますので絶対にしないようにしてください。

 

在籍確認が取れ、個人信用情報にも問題がないと判断されれば本審査に通ったという連絡がメールか電話できます。本審査に通ったら指示に従って契約手続きをしてください。

 

振込みで借りれるところも多いですし、あるいは自動契約機でカードを受け取りすぐにATMでお金を借り入れることもできます。

 

カードローンで無事にお金を借りれることになったらホッとしますが、返済をきちんとしないで延滞を繰り返すと、自分の信用情報に不利な記録が残り新たなカードローンの借り入れができなくなってしまいます。返済もきちんとするようにしてくださいね。