カードローン 過払い金請求

カードローンの過払い金請求をするにあたって

弁護士事務所のコマーシャルで「過払い金請求のご相談は○○法律事務所へ!」などというのを時々聞きます。この過払い金請求というのはカードローンなどでお金を借り入れた際に、多く支払っていた利息の返還を求める請求のことです。でも、どうして利息の払い過ぎという事態が起きたのでしょうか?

 

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者は、利息制限法により、金利はそれぞれの金額に応じて20%から15%と決められていました。

 

でも、出資法の上限金利は29.2%と決められていたため、これを根拠に29.2%というような高金利で融資しているところもありました。

 

その後の裁判で、貸金業者は、利息制限法で定められた以上の過払い金を、カードローン等を利用してお金を借り入れた人に返さなければならないという判決が出ました。

 

また、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。

 

それで、貸金業者は利息制限法に基づき、貸付額に応じて15〜20%の上限金利で貸し付けをしなければならないことになったので、今では20%以下の金利で借りれるようになっています。

 

それで、今まで29.2%という金利でカードローン等を利用してお金を借り入れていた人がいれば過払い金の請求ができるわけです。

 

ただ、過払い金が発生しているかどうかは、債権者である消費者金融に取引履歴を請求して、引き直し計算する必要がります。この交渉は素人では難しいので弁護士に依頼してするケースが多いですね。もち論個人でする方もいますが、精神的にも時間的にも負担が大きくなります。

 

弁護士に頼むとなると費用が必要なので、例えば生活保護を受けているとか無職である場合には、弁護士への相談は躊躇してしまいますよね。

 

でも、無職の状態であっても、相談に乗ってくれる弁護士事務所はあります。

 

もちろん費用はかかるので月々分割で支払うことになると思いますが、弁護士が債権者に、債権者からの依頼を受けたという「受任通知書」を送るのでそれ以降は債権者からのカードローンの返済の督促は来なくなります。

 

弁護士費用の月々の返済の方が、カードローンの毎月の支払より少ないということもあます。もちろん無職のままでは弁護士費用も払えませんから、仕事を必死に探さなければなりません。それから、弁護士に頼む前に注意したいのは、無職の人や多重債務者を狙ってお金をだまし取る整理屋という闇金があることです。整理屋は弁護士の名義を借りている場合もあるので、弁護士事務所を選ぶときは十分注意してくださいね。

 

カードローンの過払い金請求にはメリットとデメリットがあります。メリットは過払い金請求をすれば借金が0になるか、借金が減る可能性があるということです。また、過払い金請求をして債務が残らなければ、債務整理をしたというふうに信用情報機関に登録されることはありません。デメリットは過払い金請求をするとその消費者金融のカードローンを利用しての借り入れは二度とできなくなるということです。

 

また、過払い金請求をして債務が残ると信用情報機関に債務整理の記録が残ります。ただ、特定の消費者金融から借りれる可能性は絶たれるとか、債務整理の記録が残る可能性があったとしても、当面の問題を解決してストレスを軽減するためには、過払い金請求は有効な方法の一つだと思います。カードローンの返済に困っている人のための他の解決方法としては個人再生、自己破産があります。

 

カードローンは、非常に手軽にお金が借りれるので安易に借りてしまうことが多くなりますが、簡単に借りれるからといって無計画に借り入れをするのは非常に危険です。審査が非常に緩くブラックでも借りれる、無職でも借りれるなどと謳っている悪徳貸金業者にかかわってしまったら大変なことになります。一番いいのは自分の経済能力の範囲内で生活し、借金をしないことです。もし、どうしても必要と判断したなら、信頼できる業者のカードローンを選び、必要最低限だけを借り入れるようにしましょう。