カードローン審査 借り入れ

カードローンの審査とお金の借り入れ

希望の大学に入るにしても理想の会社に入るにしても、大学や企業の要求を満たしていないと入学や入社をすることはできませんね。要求を満たしているかどうかを確認するために試験や面接があります。カードローンでお金を借りるのも同じで、金融機関が設定している条件を満たしていなければお金を借り入れることができません。申し込みをした人が条件を満たしているかどうかを見極めるために金融機関が行っているのが「審査」です。

 

審査基準は個々の金融機関によって決められていて公表されていないので、どの金融機関のカードローンが審査に通りやすいとか、どの金融機関は審査が厳しいということははっきり言ってわかりません。でも、一般的には銀行よりも消費者金融の審査が緩い、消費者金融でも規模が小さくなればなるほど審査が緩いと認識されていますね。なので、審査が心配な方は中小規模の消費者金融を利用すると借りれる可能性が高くなるわけです。

 

チェック

さて、個々の金融機関によって審査基準は違うものの、カードローンの審査のポイントとされるのは大体共通しています。たとえば、職種、勤務先、勤続年数、勤務形態、住居、保険の種類、他社借り入れ件数、借り入れ残高の総額、金融事故の有無などです。カードローンの借り入れの申込みをして審査に通って借りれる可能性が高いのは安定した職種、安定した企業で長年正社員として働いている方です。ただ、パートやアルバイトの方でも、勤続年数が長ければ有利になります。職業というのは大事なポイントなので、無職の方は借り入れができません。無職でも借りれるのは、配偶者に安定した収入がある専業主婦、年金収入がある人、無職でも仕送りで収入がある学生などです。審査の緩い小規模消費者金融なら雇用保険の給付が見込める無職の人も借りれる場合がありますが、そのような正規の消費者金融はそれほど多くはありません。また、無職の人が借り入れをしたいと思ってアリバイ会社を利用して審査に受かろうとする場合がありますが、これは詐欺行為なので絶対にやめましょう。

 

カードローンの審査には、信用情報機関登録されている借り入れ申し込み者の個人信用情報もチェックされます。信用方法には名前や住所、勤務先などのほかに、現在の借り入れ件数、借入残高の総額、カードローンやクレジットカードの申し込み状況、返済状況、債務整理の有無などが登録されています。ですから、借入の申込みをしても信用情報に債務整理や延滞などの事故の記録が残っていれば、普通は審査には通りません。ブラックでも借りれるとか、無職でも借りれるとかいう消費者金融は危険なので近づかないようにしましょう。なお、自分の信用情報にどんな記録が登録されているかは信用情報機関に問い合わせれば開示してくれるので、気になる方は確認してくださいね。