無職 カードローン

借り入れに有利な職業は?

消費者金融や銀行のカードローンを利用してお金を借りるには、審査を受ける必要がりますね。カードローンの審査は他のローンよりもハードルが低いので、勤務形態も正社員でなくても申し込めるようになっています。中には無職でもお金を借りれるカードローンもあります。ただ、無職でもお金を借りれるといってもやはり一定の条件があります。そのことは、またあとでお話しするとして、まずは、借り入れに有利な職業についてお話ししたいと思います。

 

カードローンの審査では、申し込み者の返済能力と信用性がチェックされますので、職業は大事ポイントですね。一般には、水商売など高収入だけれど収入が安定しない職業の場合は、審査にはどちらかというと不利になります。水商売働く人は、離職率が高いので安定した収入の保証がないとみなされがちです。また、自営業の場合も収入が安定しないということで、審査には不利です。また、自営業の方でも申し込めるカードローンもありますが、申し込めないというカードローンもあります。

 

審査に有利なのは、収入が安定した職業です。その代表的なのは公務員ですね。また、業績の安定した企業に勤務している場合も審査のポイントは高くなります。ただ、職業は大事とはいえ、借り入れ状況などが芳しくなければ、審査に落ちることもあります。

さて、初めに触れた無職でもお金を借りれるカードローンですが、これは中小規模の消費者金融なら審査に通ることがあります。でも、全く収入の見込みがない人ではなく、たとえば、失業保険を受け取れる見込みがある人や派遣社員通して登録しているけれど次の派遣先に派遣されるまでにまだ、少し期間があるというような場合です。また、無職でもお金を借りれる人の中に仕事をしていな専業主婦を含めることができますが、この場合は、消費者金融のレディースローンや銀行のカードローンを利用することができます。銀行のカードローンの方が金利が低く、本人確認書類だけで契約ができるので簡単でいいですよ。また、仕事を持たない年金受給のみの方も申し込めるk−ドローンもあります。仕事がないとお金は借りられないと思っている方もいいですが、状況によっては無職でもお金を借りれることがあります。まずは、消費者金融や銀行に相談してみてください。