専業主婦 キャッシング

専業主婦のキャッシング限度額について

銀行や消費者金融でキャッシングをするのは、昔と比べると審査の時間がかからなくなっていますし、正社員だけでなく、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトでも申し込みができるようになっているので利用する人も増えていますね。

 

また、金融機関によっては専業主婦もキャッシングの申込みができるところもあります。

 

専業主婦がキャッシングをできる条件は、自分に収入がなくても配偶者に安定継続した収入があるということです。この条件を満たしていて、本人確認書類などの書類を提出できればキャッシングの申し込みができます。

 

キャッシングの際の限度額は希望できますが、専業主婦がキャッシングの申込みをする場合は、上限が決められています。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行は、専業主婦にも貸し付けをしますが、限度額は30万円までとなっています。

 

イオン銀行の場合、専業主婦がキャッシングをする時は、限度額は50万円までとなっています。消費者金融で専業主婦がキャッシングをする場合は、50万円かそれ以下になります。

 

それから、消費者金融の場合は、総量規制の対象になっているので、専業主婦がキャッシングできるのは配偶者の年収の三分の一以内となります。専業主婦がキャッシングできる消費者金融も限られているので自演に確認してくださいね。

旦那(夫)に内緒でカードローンを利用する方法

銀行からお金を借りるというと審査に時間がかかるのではというイメージがありますが、銀行のローンの中でもカードローンは審査が早く即日借り入れが可能な場合もあります。とくに、専業主婦が銀行のカードローンでキャッシングをするメリットはたくさんあります。

 

内緒

まず、銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦が申し込む場合、消費者金融のキャッシングに比べると提出書類が少なくなっています。

 

消費者金融のキャッシングに専業主婦が申し込みをする時は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類、それから借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になることもありますが、専業主婦が銀行のカードローンでキャッシングする場合は本人確認書類だけで契約ができます。ですから、ご自分に収入がない専業主婦の方もご主人に内緒でキャッシングの契約をすることもできます。

 

また、銀行カードローンでキャッシングする場合は金利が低いので利息負担を軽減できるというメリットもあります。

 

消費者金融のキャッシングの場合は、金利が実質年率4.5%〜18.0%ぐらいですが銀行のカードローンの金利は実質年率4.9%〜14.5%程度です。

 

専業主婦がキャッシングする場合は最高金利の方が適用されることが多いので、銀行カードローンを利用した方が返済負担が軽くなりますね。

 

また、消費者金融のキャッシングの中には、専業主婦を狙った闇金が行っているものもありますが、銀行カードローンは銀行が販売している金融商品ということで、専業主婦も安心して申し込みができます。

 

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングに比べると審査は厳しめですがメリットが多いので、審査に不安がなければ銀行のカードローンがおすすめですよ。