カードローン 審査

カードローンの審査に落ちないために知っておきたいこと

部屋を借りるときにもクレジットカードを作るときにも、また住宅ローンを組むときにも必ずあるのが審査です。カードローンは手軽に利用できる金融商品ですがやはり審査があり、審査に通って初めてお金を借りれることになります。審査の目的は、賃貸契約の時ならその人が家賃を毎月確実に払えるだけの 経済的なの能力があるか、人として信頼できるカなどを確認することです。クレジットカードやカードローンの審査なら返済能力があるか、信用性があるかということを確認するために審査を行いますね。

 

黄色の財布と女性

返済能力があるかという点からすると審査の時に職業や勤務先は重要なポイントになります。もし、収入が安定していない職種であったり経営状態が芳しくない会社で働いている場合は、審査の時にも不利になります。収入がある=返済能力があるということになるので、無職の人は原則としてカードローンでの借り入れはできません。原則としてというのは、無職でも配偶者に安定した収入がある専業主婦や年金収入がある人無職の人は借りれる場合があるからです。

 

また、個人信用情報を照会した結果他社からの借り入れ件数や借入残高の総額が多いと、新たな借り入れに対する返済が滞るかもしれないと判断されて、審査に通るのは難しくなります。他社からの借り入れ件数が「多い」か許容範囲内かを決めるのは個々の金融機関なので何件までなら大丈夫ということは一概には言えませんが、銀行カードローンの場合は4件以上あると審査に通る可能性が低くなるといわれています。消費者金融でも大手の場合は審査が厳しいので、中小の消費者金融に比べると借りれる可能性は低くなります。

 

信用性という点では、カードローンの借り入れ申し込み書に記入された内容と実際の情報が一致しているかどうかが確認されます。これは、カードローンの借り入れの申込みがあった時に金融機関が信用情報機関にその人の個人信用情報を問い合わせることで確認できます。事実と違うことが判明するとその人は信用できない人として審査には通りません。たまに、無職なのにアリバイ会社を利用してカードローンの申し込みをする人がいますが、虚偽がばれればその会社からは今後借り入れができませんし、詐欺罪に問われる可能性もあります。また、個人情報を調べればその人の他社からの借り入れ件数や借入残高の総額もわかるので、借り入れの申し込み書にウソを書いたことがわかれば審査には通りません。また、返済に遅延がったかどうかも確認できるので、たびたび返済を遅らせている人は信用性がないと判断されてしまいます。

 

審査に通ってお金を無事借りれるとホッとしますが大事なのはそれからです。きちんと約定日に返済して信用性があることを証明してください。遅延が続くと信用情報に「異動」と登録されて新たな借り入れが難しくなります。カードローンは手軽にお金が借りれるのがウリですが、返済はきちんとしないと将来住宅ローンを組むときなどに障害となることがありますので慎重に利用してくださいね。